ゲット・アウト 動画フル 無料

ゲット・アウト

TSUTAYA TVは30日間無料利用OK
ゲット・アウトも視聴できます
↓↓↓

本記事では「ゲット・アウト」の動画フルがU-NEXTや、フジテレビオンデマンド(FOD)、TSUTAYA TVといった動画配信サービスのうち、どこで観れるのかを紹介しています。

 

ゲット・アウトが観れる動画配信サービス一覧

「ゲット・アウト」を配信しているのは下の表で「○」となっている動画配信サービスです。(△は今後配信されると思われるVODです)

動画サービス名 ゲット・アウトの動画配信
U-next(ユーネクスト) ×
TSUTAYA TV
mieru TV ×
auビデオパス
music.jp
ビデオマーケット
FODプレミアム ×
Hulu(フールー) ×

※掲載情報は2019年1月時点なので、現在の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

無料お試し期間が約1ヶ月間あるので(Huluは2週間)、30日間中に手に入るポイントでゲット・アウトの動画フルをみて退会すれば1円も支払うことなく視聴できます。

キャリア決済に対応していないサービスは基本的にクレジットカード登録必須なので持っていない場合は年会費無料の楽天カードなどを作っておくといいかと思います。
※30日間に退会すればカードに料金が請求されることはありません。

配信中の動画サービスの中でもおすすめなのは「TSUTAYA TV」です。

ゲット・アウトの動画フル視聴はTSUTAYA DISCASがおすすめ

ツタヤディスカス
TSUTAYA DISCAS無料お試しはこちら

TSUTAYA DISCASの基本情報

サービス名 TSUTAYA TV
月額料金 933円
30日間 30日
もらえるポイント 1080pt(新作2本分)
配信作品数 10000本以上
キャリア決済
動画フルダウンロード ○(一部DL不可あり)
新作視聴
アダルト視聴

TSUTAYAの動画サービスには3種類のプランがあります。

TSUTAYA DISCAS

1番左の見放題動画&オンライン動画配信のサービスを無料利用できます。
(月額933円で動画見放題+ポイント視聴)

TSUTAYA TVは30日間無料お試し期間が用意されていて、期間中に1080ポイントの動画ポイントがもらえます。

このポイントで新作が2本観れるのでかなりお得です。

ゲット・アウトの動画フルと別にもう1本新作映画の動画フルが見れちゃいます。

 

おすすめ動画配信サービス

国内の動画配信サービスの中でも、U-nextはサービスの充実度が高いのでおすすめです。

U-nextの特徴

U-next
U-next無料お試しはこちら

U-nextは月額1990円で1300ポイントがもらえます。

31日間無料トライアル利用が可能で、お試し申し込み時は新作映画1本分の540ポイントもらえます。

ドラマや映画、海外ドラマに韓流ドラマと動画フルの配信ジャンルが豊富で、さらに70誌以上の雑誌の最新号が読み放題と、全体的に充実したサービスが特徴です。

動画以外にもいろいろとコンテンツがあると嬉しいという場合は、かなりコスパの良い動画配信サービスです。

ゲット・アウトの作品情報やあらすじ

ゲット・アウトの作品情報やあらすじをまとめました。

あらすじは深く知らずに観た方が映画を楽しめると思うので、簡潔に書いています。

【作品情報】
監督:ジョーダン・ピール
脚本:ジョーダン・ピール
原作:-

【あらすじ】
「パラノーマル・アクティビティ」「インシディアス」「ヴィジット」など人気ホラー作品を手がけるジェイソン・ブラムが製作し、アメリカのお笑いコンビ「キー&ピール」のジョーダン・ピールが初メガホンをとったホラー。低予算ながら全米で大ヒットを記録し、第90回アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞の4部門にノミネートされ、脚本賞を受賞した。アフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、白人の彼女ローズの実家へ招待される。過剰なまでの歓迎を受けたクリスは、ローズの実家に黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚えていた。その翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに出席したクリスは、参加者がなぜか白人ばかりで気が滅入っていた。そんな中、黒人の若者を発見したクリスは思わず彼にカメラを向ける。しかし、フラッシュがたかれたのと同時に若者は鼻から血を流し、態度を急変させて「出て行け!」とクリスに襲いかかってくる。

ゲット・アウトに出演しているキャスト

ゲット・アウトの出演キャストを下記にまとめました。

【キャスト】
(クリス・ワシントン)ダニエル・カルーヤ/(ローズ・アーミテージ)アリソン・ウィリアムズ/(ディーン・アーミテージ)ブラッドリー・ウィットフォード/(ジェレミー・アーミテージ)ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ/(ミッシー・アーミテージ)キャサリン・キーナー/スティーブン・ルート/ベッティ・ガブリエル/マーカス・ヘンダーソン/キース・スタンフィールド

ゲット・アウトを見た感想(ネタバレする場合あり)

「ゲット・アウト」は、コメディアン・俳優として活動していたジョーダン・ビール監督が、2017年に監督した作品です。

黒人であるビール監督が、白人社会に差別される黒人を描くホラータッチの本作は高く評価され、アカデミー作品賞や監督賞・主演男優賞にノミネート、ビールの手による脚本はオリジナル脚本賞を受賞しました。

大作でも話題作でもなかった本作は、公開前はそれほど話題にならなかったものの、公開後にSNSを中心とした口コミで面白さが広まり、2017年のサプライズヒット作となりました。

主人公は黒人の青年で、白人の女性と付き合っており、次の休暇に彼女の実家を訪れることになります。

両親は黒人を差別しないという彼女を信頼したいものの、一抹の不安を抱えながら主人公は彼女の故郷へ向かいます。

しかし主人公がそこで見たのは、白人の家庭で黒人がメイドとして働いている、典型的な「白人主導地域」の姿だったのです。

それでも、彼女の両親は娘の恋人としてやってきた主人公に何か反感を持つようなこともなく、不安は杞憂に終わるかと思っていましたが、この町にいる黒人たちの様子がなにかおかしいことに主人公は気付き始めます。

何がおかしいとはっきりとは言えないが、しかし何かが違う。

そんな違和感を抱きながら過ごしていた主人公は、ある日催眠術により眠らされ、目覚めると地下室らしき場所に監禁されていました。

この町の白人たちは、黒人特有の優れた体力や体つきに目をつけ、自分たちの脳を捕らえた黒人に移殖することで、「より強く生きながらえる」ことを企んでいたのです。

主人公の恋人は、移植用の黒人をハントする役目の女性で、主人公の前にも同じように黒人の青年を騙して恋人になり、この町へ連れてきていたのでした。

主人公は手術される前になんとか逃げ出し、町から脱走します。

「恋人同士」だった時のことがウソのように敵意むき出しで追いかけてくる「元恋人」を蹴散らし、主人公はなんとか帰路につくのでした。

途中まではいわゆる「人種差別をテーマにしたホラー」なのかなと思っていたのですが、主人公を歓迎する町の人々の姿が、決して演技ではなく、違う意味=自分たちの移植目当てとして「歓迎」していたのだとわかるこの怖さは、背筋がぞっとするものがあります。

人種差別という昔ながらのテーマを根底に置きながら、全く新しい観点と切り口で描いた快作と言える作品です。

Dailymotion、9tsu、PANDORAは非推奨

違法動画

映画やドラマは、Dailymotion(デイリーモーション)やPANDORA(パンドラ)、9tsu(ナインティーエスユー)といった海外の動画共有サービスにアップロードされている場合もあります。

しかし、こういった動画は

・違法動画をDLしたりすると罰せられる可能性がある
・広告収入で成り立っているので頻繁に出る広告がうざい
・無理やり録画などをしているので画質が悪い
・ウイルスなどが仕込まれている可能性が0ではない

と、安心して快適にゲット・アウトを見れる状況ではないのでおすすめしません。

動画配信サービスの方が高画質の動画がCMなしで安全に視聴できるので、わざわざリスクを犯すのは賢い選択とは言えません。

ゲット・アウトの動画が観れる配信サービス【おさらい】

ゲット・アウトの動画が配信されている動画配信サービスは下記のとおり。
(動画配信サービス名をタップすると公式サイトに移動できます。)

動画サービス名 ゲット・アウトの動画配信
U-next(ユーネクスト) ×
TSUTAYA TV
mieru TV ×
auビデオパス
music.jp
ビデオマーケット
FODプレミアム ×
Hulu(フールー) ×

※掲載情報は2019年1月時点なので、現在の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

「ゲット・アウト」を配信しているのは上記の表が「○」となっている動画配信サービスです。

いずれもお試し期間内であれば無料で動画を視聴することができます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました