人魚の眠る家 動画フル 無料

人魚の眠る家

TSUTAYA TVは30日間無料利用OK
人魚の眠る家も視聴できます
↓↓↓

「人魚の眠る家」は東野圭吾の同名ベストセラーを篠原涼子と西島秀俊主演で映画化した実写映画です。

本記事では「人魚の眠る家」の動画フルがU-NEXTや、フジテレビオンデマンド(FOD)、TSUTAYA TVといった動画配信サービスのうち、どこで観れるのかを紹介しています。

 

人魚の眠る家が観れる動画配信サービス一覧

「人魚の眠る家」を配信しているのは下の表で「○」となっている動画配信サービスです。(△は今後配信されると思われるVODです)

動画サービス名 人魚の眠る家の動画配信
U-next(ユーネクスト)
TSUTAYA TV
mieru TV ×
auビデオパス ×
music.jp
ビデオマーケット
FODプレミアム ×
Hulu(フールー) ×

※掲載情報は2018年12月時点なので、現在の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

無料お試し期間が約1ヶ月間あるので(Huluは2週間)、30日間中に手に入るポイントで人魚の眠る家の動画フルをみて退会すれば1円も支払うことなく視聴できます。

キャリア決済に対応していないサービスは基本的にクレジットカード登録必須なので持っていない場合は年会費無料の楽天カードなどを作っておくといいかと思います。
※30日間に退会すればカードに料金が請求されることはありません。

配信中の動画サービスの中でもおすすめなのは「TSUTAYA TV」です。

人魚の眠る家の動画フル視聴はTSUTAYA DISCASがおすすめ

ツタヤディスカス
TSUTAYA DISCAS無料お試しはこちら

TSUTAYA DISCASの基本情報

サービス名 TSUTAYA TV
月額料金 933円
30日間 30日
もらえるポイント 1080pt(新作2本分)
配信作品数 10000本以上
キャリア決済
動画フルダウンロード ○(一部DL不可あり)
新作視聴
アダルト視聴

TSUTAYAの動画サービスには3種類のプランがあります。

TSUTAYA DISCAS

1番左の見放題動画&オンライン動画配信のサービスを無料利用できます。
(月額933円で動画見放題+ポイント視聴)

TSUTAYA TVは30日間無料お試し期間が用意されていて、期間中に1080ポイントの動画ポイントがもらえます。

このポイントで新作が2本観れるのでかなりお得です。

人魚の眠る家の動画フルと別にもう1本新作映画の動画フルが見れちゃいます。

 

おすすめ動画配信サービス

国内の動画配信サービスの中でも、U-nextはサービスの充実度が高いのでおすすめです。

U-nextの特徴

U-next
U-next無料お試しはこちら

U-nextは月額1990円で1300ポイントがもらえます。

31日間無料トライアル利用が可能で、お試し申し込み時は新作映画1本分の540ポイントもらえます。

ドラマや映画、海外ドラマに韓流ドラマと動画フルの配信ジャンルが豊富で、さらに70誌以上の雑誌の最新号が読み放題と、全体的に充実したサービスが特徴です。

動画以外にもいろいろとコンテンツがあると嬉しいという場合は、かなりコスパの良い動画配信サービスです。

人魚の眠る家の作品情報やあらすじ

人魚の眠る家の作品情報やあらすじをまとめました。

あらすじは深く知らずに観た方が映画を楽しめると思うので、簡潔に書いています。

【作品情報】
監督:堤幸彦
脚本:篠崎絵里子
原作:東野圭吾

【あらすじ】
2人の子どもを持つ播磨薫子と夫・和昌は現在別居中で、娘の小学校受験が終わったら離婚することになっていた。そんなある日、娘の瑞穂がプールで溺れ、意識不明の状態に陥ってしまう。回復の見込みがないと診断され、深く眠り続ける娘を前に、薫子と和昌はある決断を下すが、そのことが次第に運命の歯車を狂わせていく。

人魚の眠る家に出演しているキャスト

人魚の眠る家の出演キャストを下記にまとめました。

【キャスト】
篠原涼子/西島秀俊/坂口健太郎/川栄李奈/山口紗弥加/田中哲司/斉木しげる/大倉孝二/駿河太郎/ミスターちん/遠藤雄弥/利重剛/稲垣来泉/斎藤汰鷹/荒川梨杏/荒木飛羽/田中泯/松坂慶子

人魚の眠る家を見た感想(ネタバレする場合あり)

「人魚の眠る家」は、事故で脳死と考えられる状態になった女の子の母親(篠原涼子)が主人公です。

奇跡を信じて自宅での介護を試みるけれど、最新技術を駆使した治療を行ううち、次第に常軌を逸していく物語になります。

堤幸彦監督らしい、けれん味のある演出ですが、まだ体温も心音もある子どもを前にして、どうしても死を認められずにわずかな可能性にすがりつく母親の気持ちは切実です。

自分だったら正気の選択ができるのか?と突きつけられ続けているような時間でした。

最初は、両親は娘の脳死を受け入れようとしますが、最後の別れをしようとした時に娘の手が動いたことで、心が変わって娘を連れて帰ることになります。

医師は、手が動いたのは脳死でも充分ありうることだと言うけれど、実際に動く子どもに触れて諦めきれない親の気持ちはとても理解できるもの。

離婚話を解消して介護に取り組む彼らを応援したいと思ったし、実際、夫の会社の中で個人的に最先端技術に取り組んでいる青年の研究を治療に活かし始めたときは、彼ら家族が未来に向かって進みだしたように見えていました。

その歯車が、どこで狂ったのか。

いつか、筋肉に電気刺激を与えるだけのはずが、少女の体ををボタン一つで動かし、微笑みを浮かべさせることさえするようになります。

ロボットのように動く娘をいとおしげに見守る母親とは裏腹に、周囲の人間には、操作される娘が死体にしか見えなくなっていくというのもとても皮肉に感じました。

しかし、クライマックスで、母親が叫ぶ言葉にハッと目を醒まされます。

母親は娘に包丁を突き付け、この子を刺して私が逮捕されたら、それがこの子が生きていたことの証明だ、と言いました。

そこに至って、死体を人形のように世話している、と気味悪がっていた周囲の人たちも、この女の子が生きていないけど死んでもいない、エアポケットに放置されていることを思い知らされます。

脳死という、現代ならではの状況に直面した家族の葛藤はこういうことなのかと思いました。

結局は、親の気のすむまで脳死を受け入れるのを遅らせただけの話だったのかもしれない。

けれど、彼らの悪あがきは、彼らが今後の人生を踏み出すのに必要なものだっただろうし、移植を受けた子どもの人生にも受け継がれていってほしいと願わずにはいられないラストでした。

篠原涼子が、思い込みが強いけれど芯の通った女性を入魂の熱演。

冷静に医師としての判断を伝えつつも患者に寄り添っているのが感じられる田中哲二の温かさも良かったです。

それと、娘の移植手術を願いながら果たせない、駿河太郎の懸命な正義感も、わずかな出番ながらとても心に残りました。

Dailymotion、9tsu、PANDORAは非推奨

違法動画

映画やドラマは、Dailymotion(デイリーモーション)やPANDORA(パンドラ)、9tsu(ナインティーエスユー)といった海外の動画共有サービスにアップロードされている場合もあります。

しかし、こういった動画は

・違法動画をDLしたりすると罰せられる可能性がある
・広告収入で成り立っているので頻繁に出る広告がうざい
・無理やり録画などをしているので画質が悪い
・ウイルスなどが仕込まれている可能性が0ではない

と、安心して快適に人魚の眠る家を見れる状況ではないのでおすすめしません。

動画配信サービスの方が高画質の動画がCMなしで安全に視聴できるので、わざわざリスクを犯すのは賢い選択とは言えません。

人魚の眠る家の動画が観れる配信サービス【おさらい】

人魚の眠る家の動画が配信されている動画配信サービスは下記のとおり。
(動画配信サービス名をタップすると公式サイトに移動できます。)

動画サービス名 人魚の眠る家の動画配信
U-next(ユーネクスト)
TSUTAYA TV
mieru TV ×
auビデオパス ×
music.jp
ビデオマーケット
FODプレミアム ×
Hulu(フールー) ×

※掲載情報は2018年12月時点なので、現在の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

「人魚の眠る家」を配信しているのは上記の表が「○」となっている動画配信サービスです。

いずれもお試し期間内であれば無料で動画を視聴することができます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました