甲鉄城のカバネリ 海門決戦 無料動画

甲鉄城のカバネリ 海門決戦

TSUTAYA DISCASは30日間無料利用OK
甲鉄城のカバネリ 海門決戦も視聴できます
↓↓↓

本記事では「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」の動画フルを無料で見る方法を紹介します。

U-NEXTや、フジテレビオンデマンド(FOD)、TSUTAYA DISCASといった動画配信サービスのうち、どこで観れるのかをまとめました。

Dailymotion(デイリーモーション)やpandora(パンドラ)といった海外動画サイトについても触れています。

甲鉄城のカバネリ 海門決戦が観れる動画配信サービス一覧

「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」を配信しているのは下の表で「○」となっている動画配信サービスです。(△は今後配信されると思われるVODです)

動画サービス名 甲鉄城のカバネリ 海門決戦の動画配信
U-next(ユーネクスト)
TSUTAYA DISCAS
FODプレミアム
mieru TV ×
auビデオパス ×
music.jp ×
Hulu(フールー) ×
ビデオマーケット ×

※掲載情報は2019年12月時点なので、現在の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

いずれの動画配信サービスも無料お試し期間が約1ヶ月間あるので(Huluは14日間)、30日間中に手に入るポイントで「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」の動画フルをみて退会すれば1円も支払うことなく視聴できます。

配信中の動画サービスの中でもおすすめなのは「TSUTAYA DISCAS」です。

甲鉄城のカバネリ 海門決戦の動画フル視聴はTSUTAYA DISCASがおすすめ

ツタヤディスカス
TSUTAYA DISCAS無料お試しはこちら

TSUTAYA DISCASの基本情報

サービス名 TSUTAYA DISCAS
月額料金 933円
30日間 30日
もらえるポイント 1080pt(新作2本分)
配信作品数 10000本以上
キャリア決済
動画フルダウンロード ○(一部DL不可あり)
新作視聴
アダルト視聴

TSUTAYAの動画サービスには3種類のプランがあります。

TSUTAYA DISCAS

無料お試しできるのは、1番右の見放題動画&オンライン動画配信のサービスです。

TSUTAYA DISCASは30日間無料お試し期間が用意されていて、期間中に1080ポイントの動画ポイントがもらえます。

このポイントで好きな新作映画が2本観れるのでかなりお得です。

甲鉄城のカバネリ 海門決戦の動画フルと別にもう1本映画フルの動画版が見れます。

さらに、TSUTAYA DISCASは宅配DVDレンタルサービスも利用できるので、「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」のDVDをレンタルして高画質で視聴したい場合もおすすめです。

動画配信サービスはいくつもありますが、ネットの宅配レンタルはTSUTAYA DISCASのみなのでテレビの大画面でDVDを見たいならTSUTAYA DISCAS一択です。

ちなみに、毎月8本まで新作DVDがレンタルでき、9本目以降も旧作は借り放題です。
※無料お試し期間中は新作DVDはレンタルできず準新作までが対象です。

→ TSUTAYA DISCASの無料お試し詳細を確認する

おすすめ動画配信サービス

国内の動画配信サービスの中でも、U-nextはサービスの充実度が高いのでおすすめです。

U-nextの特徴

U-next
>>U-next無料お試しはこちら<<

U-nextは月額1990円で1300ポイントがもらえます。

31日間無料トライアル利用が可能で、トライアル登録で新作映画1本分の540ポイントがもらえます。

さらにドラマや映画、海外ドラマに韓流ドラマと動画フルの配信ジャンルが豊富で、70誌以上の雑誌の最新号が読み放題と、全体的に充実したサービスが特徴です。

ポイントを使ってマンガを購入することもできます。

動画以外にもいろいろとコンテンツがあると嬉しいという場合は、かなりコスパの良い動画配信サービスです。

甲鉄城のカバネリ 海門決戦の作品情報やあらすじ

甲鉄城のカバネリ 海門決戦の作品情報やあらすじをまとめました。

あらすじは深く知らずに観た方が映画を楽しめると思うので、簡潔に書いています。

【作品情報】
監督:荒木哲郎
脚本:胡拓磨
原作:形部一平

【あらすじ】
2016年4~6月に放送されたオリジナルアニメ「甲鉄城のカバネリ」の新作となる中編作品。近世から近代へと移り変わろうとしていた頃の極東の島国・日ノ本(ひのもと)を舞台に、「カバネ」と呼ばれる不死の怪物たちを相手に生き残りをかけて戦う人々の姿を描く。分厚い装甲に覆われた蒸気機関車、通称「駿城(はやじろ)」のひとつである「甲鉄城」に乗り、熾烈な戦いを潜り抜けてきた生駒たちは、人間とカバネの新たな攻防の地である海沿いの廃坑駅「海門(うなと)」へやってくる。生駒たちは現地の人々と「連合軍」を結成し、カバネ撃退の策を立てるが、海門の地にはある秘密が隠されていた。監督・脚本はテレビシリーズも手がけた「進撃の巨人」の荒木哲郎。キャラクター原案の美樹本晴彦、音楽の澤野弘之らおなじみのスタッフが再結集。

甲鉄城のカバネリ 海門決戦に出演しているキャスト

甲鉄城のカバネリ 海門決戦の出演キャストを下記にまとめました。

【キャスト】
生駒畠中祐/無名千本木彩花/菖蒲内田真礼/来栖増田俊樹/侑那伊瀬茉莉也/巣刈逢坂良太/吉備土佐藤健輔/樵人四宮豪/仁助佐藤拓也/鰍沖佳苗/鈴木マックスウェル・パワーズ/景之三木眞一郎/雲母花輪英司/美雪逢田梨香子/ハガネ鷲見昂大/虎落ボルケーノ太田

甲鉄城のカバネリ 海門決戦を見た感想(ネタバレする場合あり)

映画シリーズの海門決戦は、金剛郭の崩壊から約半年後の物語です。

主人公の生駒や無名が乗っている鋼鉄城は北陸の要所であるウナトに差し掛かり、そこで周辺国の連合軍と共にカバネと戦っています。

 冒頭からはじまる無名の戦闘シーンがかなり見ごたえがあります。

華奢な体躯で蝶が舞うかのように立ち回りカバネを倒すシーンはアニメでも印象的でしたが、それ以上のクオリティに感じました。

劇場版の無名はいつもの二丁拳銃の他に新兵器の大きな銃を巧みに操り襲い来るカバネを次々と吹き飛ばします。

その姿は本当に格好良くて見ていて本当に爽快でした。

 また、生駒と無名の二人の関係性にも注目したいです。

無名はカバネとの戦闘中に自分のピンチに駆けつけたり、爆風から守ったりしてくれる生駒に心を惹かれていくのですが、そんな無名の気持ちに一切気が付かない鈍感な生駒はすれ違い、二人の関係は一時険悪になってしまいます。

かなりヤキモキしてしまうシーンですがここでの視聴者の気持ちはカジカが代弁してくれていますね。

 個人的なこの映画の一番の見どころは、海門城のカバネの舵取りを討つために敵の本拠地に一人で乗り込んでいった無名がカバネに追い詰められ、そこに生駒が駆けつけ「俺から離れるな」と伝えるシーンです。

不和が生じたまま別れた後、再び出会った二人の気持ちが触れ合ったことへの感動や、劇中歌が入るタイミングも相まって、とても胸が熱くなるシーンだと思います。

また、そのシーンを皮切りに、劣勢だった鋼鉄城が巻き返しを始めるというストーリー構成も気持ちの高まるものでした。

なかでも生駒たちと別場面の戦場で、及び腰になり退却をはかろうとする他国の武将を叱咤する菖蒲様の凛とした姿や主の乗る鋼鉄城の道を切り開く矛となって戦う来栖の姿が印象的でした。

甲鉄城のカバネリ 海門決戦 Dailymotion・Pandora

甲鉄城のカバネリ 海門決戦 Dailymotion

映画やドラマは、Dailymotion(デイリーモーション)やPANDORA(パンドラ)、9tsu(ナインティーエスユー)といった海外の動画共有サービスにアップロードされている場合もあります。

しかし、こういった動画は

・違法動画をDLしたりすると罰せられる可能性がある
・広告収入で成り立っているので頻繁に出る広告がうざい
・無理やり録画などをしているので画質が悪い
・ウイルスなどが仕込まれている可能性が0ではない

と、安心して快適に甲鉄城のカバネリ 海門決戦を見れる状況ではないのでおすすめしません。

動画配信サービスの方が高画質の動画がCMなしで安全に視聴できるので、わざわざリスクを犯すのは賢い選択とは言えません。

まとめ

最後に、甲鉄城のカバネリ 海門決戦の動画が配信されている動画配信サービスのおさらいです。
(動画配信サービス名をタップすると公式サイトに移動できます。)

動画サービス名 甲鉄城のカバネリ 海門決戦の動画配信
U-next(ユーネクスト)
TSUTAYA DISCAS
mieru TV ×
auビデオパス ×
music.jp ×
ビデオマーケット ×
FODプレミアム
Hulu(フールー) ×

※掲載情報は2019年12月時点なので、現在の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」を配信しているのは上記の表が「○」となっている動画配信サービスです。

いずれもお試し期間内であれば、お試し登録でもらえるポイントを使って無料で「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」の動画を視聴することができます。

 

タイトルとURLをコピーしました