ユリゴコロの無料動画フル配信情報 衝撃の結末

ユリゴコロ動画フル配信中!
無料視聴できます
↓↓↓

【公式】TSUTAYA DISCAS
無料申し込みはこちら

「ユリゴコロ」は2017年9月に公開された映画で、原作は沼田まほかるさんの小説「ユリゴコロ」です。主演は吉高由里子ですが、松坂桃李、松山ケンイチ、木村多江と1人でも欠けるとユリゴコロとして成立しない映画です。

2018年4月4日からDVDレンタル開始&動画フル配信スタートしています。

「ユリゴコロ」の動画フルがU-NEXTや、フジテレビオンデマンド(FOD)、TSUTAYAディスカスといった動画配信サービスのうち、どこで観れるのかを紹介しています。

ユリゴコロが観れる動画配信サービス一覧

ユリゴコロ動画1

「ユリゴコロ」を配信しているのは下の表の「動画フル配信中」となっている動画配信サービスです。

動画サービス名 ユリゴコロの動画配信
U-next(ユーネクスト) 動画フル配信中
auビデオパス 動画フル配信中
TSUTAYA ディスカス 動画フル配信中
ビデオマーケット 動画フル配信中
フジテレビオンデマンド(FOD) 未配信
Hulu(フールー) 未配信

※掲載情報は2018年5月時点なので、現在の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

無料お試し期間が約1ヶ月間あるので(Huluは2週間)、無料期間中にユリゴコロの動画フルをみて退会すれば1円も支払うことなく視聴できます。

キャリア決済に対応していないサービスは基本的にクレジットカード登録必須なので持っていない場合は年会費無料の楽天カードなどを作っておくといいかと思います。
※無料期間に退会すればカードに料金が請求されることはありません。

配信中の動画サービスの中でもおすすめなのは「TSUTAYA DISCAS」か「U-next」です。

ユリゴコロの動画フル視聴はTSUTAYA DISCASかU-nextがおすすめ

TSUTAYA DISCASとU-nextの基本情報比較

サービス名 TSUTAYA ディスカス U-next
月額料金 2417円 1990円
無料期間 30日 31日
もらえるポイント 1080pt 1300pt
配信作品数 85000本以上 120000本以上
キャリア決済
動画フルダウンロード
新作視聴可能数
※追加料金なしで※
10本
(動画視聴は2本分)
2本
アダルト視聴
動画以外のサービス なし 70誌以上の雑誌読み放題

TSUTAYA DISCASの特徴

ツタヤディスカス
TSUTAYA DISCAS無料お試しはこちら

TSUTAYA DISCASは3種類のサービスプランがあります。

TSUTAYA DISCAS

動画見放題+定額サービスが一番コスパが良く、新作含め8枚まで自宅でDVDの宅配レンタルが可能です。
(無料トライアル期間は新作・準新作のレンタルは不可なので新作はポイント利用の2本まで無料視聴できます。)

TSUTAYA DISCASは30日間無料お試し期間が用意されていて、期間中に1080ポイントの動画ポイントがもらえます。

このポイントで新作が2本観れるのでかなりお得です。

ユリゴコロの動画フルと別にもう1本新作映画の動画フルが見れちゃいます。

U-nextの特徴

U-next
>>U-next申し込みはこちら<<

U-nextは月額1990円で1300ポイントがもらえます。

31日間無料トライアル利用が可能で、お試し申し込み時は新作映画1本分の540ポイントもらえます。

ドラマや映画、海外ドラマに韓流ドラマと動画フルの配信ジャンルが豊富で、さらに70誌以上の雑誌の最新号が読み放題と、全体的に充実したサービスが特徴です。

動画以外にもいろいろとコンテンツがあると嬉しいという場合は、かなりコスパの良い動画配信サービスです。

ユリゴコロの作品情報やあらすじ

ユリゴコロ動画3

ユリゴコロの作品情報やあらすじをまとめました。

【作品情報】
動画タイトル:ユリゴコロ
収録時間:128分
製作年/製作国:2017年/日本
配給会社:東映、日活
監督:熊澤尚人
脚本:熊澤尚人
原作:沼田まほかる
製作:永山雅也、村松秀信、三宅容介、木下直哉、大柳英樹、片岡尚、戸塚源久、細字慶一、大沼渉
総指揮:佐藤直樹
音楽:安川午朗

【あらすじ】
亮介(松坂桃李)が実家で見つけた一冊のノート。「私のように平気で人を殺す人間は、脳の仕組みがどこか普通と違うのでしょうか……」異様な一文で始まるそのノートは、美紗子(吉高由里子)という女の一人称で綴られた告白文であった。誰しもが生きていくために必要な拠りどころ、彼女のそれは“人間の死”であった。殺人という行為から逃れる術を持たず、絶望の日々を送るなか、深い心の傷を抱えている洋介(松山ケンイチ)が美紗子の前に現れる。一方、ノートに秘められた真相に迫っていく亮介。これは事実か創作話か。誰が何のために書いたのか……。そんななか、亮助の婚約者・千絵(清野菜名)が、忽然と姿を消す……。

ユリゴコロに出演しているキャスト

ユリゴコロ動画4

ユリゴコロのキャストは下記です。

【キャスト】
美紗子/吉高由里子
美紗子(中学生)/清原果耶
亮介/松坂桃李
洋介/松山ケンイチ
みつ子/佐津川愛美
千絵/清野菜名
細谷/木村多江

ユリゴコロには吉高由里子に松坂桃李、松山ケンイチと主演級の役者さんが3人も出ているの、豪華なキャストですね。木村多江さんもいい味出してました。

ユリゴコロを見た感想(ネタバレする場合あり)

ユリゴコロの動画フルを見た感想ですが、一言でいうなら「結末にまんまと驚かされた」というミステリー作品では褒め言葉になるであろう感想でした。

原作はミステリー雑誌で絶賛されたユリゴコロという同名小説。

私はユリゴコロの原作を読んでいなかったので、映画のラストもどうなるのか想像もつかず、良い意味で予想を裏切られまたわけです。

ユリゴコロは結末が一番のキモだと思うので、あまりネタバレせずに動画フルを見てほしいのが本音です。
(ネタバレして見ると面白さ半減すると思います)

が、一応ここから軽いネタバレも少し含みつつ書いていきます。

ユリゴコロ動画6

松坂桃李演じる亮介は山奥の喫茶店を経営しながら生活していましたが、ある日、婚約者の千絵が突然疾走します。

さらに、松山ケンイチ演じる父親は末期がんであることが発覚。千絵が失踪したことで喫茶店の経営も傾き、精神的に追い詰められている時に亮介は実家の押入れから「ユリゴコロ」と書かれた殺人の告白ノートを見つけます。

ユリゴコロには美沙子という女が出てきて、彼女は人を殺めることに快感を覚えるという生々しい内容が書かれていました。

亮介は最初それが創作なのか実話なのかわかりません。

美沙子は幼い頃から大事な人が死ぬ時にユリゴコロを感じる異常殺人者だったのです。
(ユリゴコロとは「拠り所」を聞き間違えていたのが語源というか由来です。)

結論から言うと、このユリゴコロを書いた美沙子は亮介の母親でした。

そして、殺人者である美沙子は警察に素性がバレそうになり、バレはしなかったものの洋介に対する罪悪感が生まれてしまい自殺を試みます。自殺には失敗しますが、それがきっかけで「ユリゴコロ」ノートが洋介にバレ、1度は洋介と亮介の前から消えたものの、また亮介の前に現れます。

そう、千絵の友人と言っていた細谷こそが、整形した美沙子だったのです。

実際は原作だと、もっと設定が作り込まれていてさらに驚くかたちなんですが、結末として、千恵子は息子である亮介のために千絵が監禁されたヤクザ事務所の人を殺してしまいます。

ヤクザを殺すつもりで事務所に乗り込んだ亮介は、事務所に落ちていたオナモミの実を見て、美沙子が生きていたこと、美沙子がヤクザを殺したこと、細谷が美沙子だったことを悟ります。

美沙子は病室で寝ている洋介のもとに行ったまま姿を消し、亮介は家の庭でオナモミの実を見ながら物思いにふけってユリゴコロは終わりです。

吉高由里子から木村多江に変わっていることで、「細谷=美沙子」という図式が頭になかったので驚きました。

ユリゴコロのすごいところは、最初はミステリーでありホラーに近い怖さがあるのですが、途中から母親の愛を描く映画に変わっているところだと思います。

ユリゴコロの序盤の描写は結構グロめの殺害シーンが多く、「うわぁ」と思いながら見ていましたが、最終的には「良い話だ…」なんて思ってしまっていたので、さすがです。

2017年の映画(邦画)の中でもかなり当たりの部類に入ると思うので、ユリゴコロの動画フルはぜひ見てみてほしいですね。

Dailymotion、9tsu、PANDORAは非推奨

違法動画

映画やドラマは、Dailymotion(デイリーモーション)やPANDORA(パンドラ)、9tsu(ナインティーエスユー)といった海外の動画共有サービスにアップロードされている場合もあります。

しかし、こういった動画は

・違法動画をDLしたりすると罰せられる可能性がある
・広告収入で成り立っているので頻繁に出る広告がうざい
・無理やり録画などをしているので画質が悪い
・ウイルスなどが仕込まれている可能性が0ではない

と、安心して快適にユリゴコロを見れる状況ではないのでおすすめしません。

動画配信サービスの方が高画質の動画がCMなしで安全に視聴できるので、わざわざリスクを犯すのは賢い選択とは言えません。

ユリゴコロの動画が観れる配信サービス【おさらい】

ユリゴコロの動画が配信されている動画配信サービスは下記のとおり。
(動画配信サービス名をタップすると公式サイトに移動できます。)

サービス名 ユリゴコロの動画配信
U-next(ユーネクスト) 動画フル配信中
auビデオパス 動画フル配信中
TSUTAYA ディスカス 動画フル配信中
ビデオマーケット 動画フル配信中
フジテレビオンデマンド(FOD) 未配信
Hulu(フールー) 未配信

掲載情報は2018年5月時点なので、現在の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

「ユリゴコロ」を配信しているのは上記の表の「動画フル配信中」となっている動画配信サービスです。

いずれもお試し期間内であれば無料で動画を視聴することができます。

シェアする

フォローする