ライオン・キング 無料フル

ライオン・キング

TSUTAYA DISCASは30日間無料利用OK
ライオン・キングも視聴できます
↓↓↓

本記事では「ライオン・キング」の動画フルを無料で見る方法を紹介します。

U-NEXTや、フジテレビオンデマンド(FOD)、TSUTAYA DISCASといった動画配信サービスのうち、どこで観れるのかをまとめました。

Dailymotion(デイリーモーション)やpandora(パンドラ)といった海外動画サイトについても触れています。

ライオン・キングが観れる動画配信サービス一覧

「ライオン・キング」を配信しているのは下の表で「○」となっている動画配信サービスです。(△は今後配信されると思われるVODです)

動画サービス名 ライオン・キングの動画配信
U-next(ユーネクスト)
TSUTAYA DISCAS
FODプレミアム ×
mieru TV ×
auビデオパス ×
music.jp ×
Hulu(フールー) ×
ビデオマーケット ×

※掲載情報は2019年9月時点なので、現在の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

いずれの動画配信サービスも無料お試し期間が約1ヶ月間あるので(Huluは14日間)、30日間中に手に入るポイントで「ライオン・キング」の動画フルをみて退会すれば1円も支払うことなく視聴できます。

配信中の動画サービスの中でもおすすめなのは「TSUTAYA DISCAS」です。

ライオン・キングの動画フル視聴はTSUTAYA DISCASがおすすめ

ツタヤディスカス
TSUTAYA DISCAS無料お試しはこちら

TSUTAYA DISCASの基本情報

サービス名 TSUTAYA DISCAS
月額料金 933円
30日間 30日
もらえるポイント 1080pt(新作2本分)
配信作品数 10000本以上
キャリア決済
動画フルダウンロード ○(一部DL不可あり)
新作視聴
アダルト視聴

TSUTAYAの動画サービスには3種類のプランがあります。

TSUTAYA DISCAS

無料お試しできるのは、1番右の見放題動画&オンライン動画配信のサービスです。

TSUTAYA DISCASは30日間無料お試し期間が用意されていて、期間中に1080ポイントの動画ポイントがもらえます。

このポイントで好きな新作映画が2本観れるのでかなりお得です。

ライオン・キングの動画フルと別にもう1本映画フルの動画版が見れます。

さらに、TSUTAYA DISCASは宅配DVDレンタルサービスも利用できるので、「ライオン・キング」のDVDをレンタルして高画質で視聴したい場合もおすすめです。

動画配信サービスはいくつもありますが、ネットの宅配レンタルはTSUTAYA DISCASのみなのでテレビの大画面でDVDを見たいならTSUTAYA DISCAS一択です。

ちなみに、毎月8本まで新作DVDがレンタルでき、9本目以降も旧作は借り放題です。
※無料お試し期間中は新作DVDはレンタルできず準新作までが対象です。

→ TSUTAYA DISCASの無料お試し詳細を確認する

おすすめ動画配信サービス

国内の動画配信サービスの中でも、U-nextはサービスの充実度が高いのでおすすめです。

U-nextの特徴

U-next
>>U-next無料お試しはこちら<<

U-nextは月額1990円で1300ポイントがもらえます。

31日間無料トライアル利用が可能で、トライアル登録で新作映画1本分の540ポイントがもらえます。

さらにドラマや映画、海外ドラマに韓流ドラマと動画フルの配信ジャンルが豊富で、70誌以上の雑誌の最新号が読み放題と、全体的に充実したサービスが特徴です。

ポイントを使ってマンガを購入することもできます。

動画以外にもいろいろとコンテンツがあると嬉しいという場合は、かなりコスパの良い動画配信サービスです。

ライオン・キングの作品情報やあらすじ

ライオン・キングの作品情報やあらすじをまとめました。

あらすじは深く知らずに観た方が映画を楽しめると思うので、簡潔に書いています。

【作品情報】
監督:ジョン・ファブロー
脚本:アダム・ガーステル
原作:マーク・リボルシー

【あらすじ】
アフリカの雄大な自然を背景にライオンの王子シンバの成長と冒険を描いたディズニー・アニメの名作「ライオン・キング」を、「ジャングル・ブック」のジョン・ファブロー監督が、フルCGで新たに映画化。アフリカの広大なサバンナで、動物たちの王であるライオンのムファサの子として生まれたシンバは、いつか父のような偉大な王になることを夢見ながら成長していく。しかし、ある時、王位を狙う叔父スカーの策略によって父の命を奪われ、シンバ自身もサバンナを追われてしまう。やがてたどりついた緑豊かなジャングルで、イボイノシシのプンバァとミーアキャットのティモンといった新たな仲間との出会いを得たシンバは、過去を忘れて穏やかに時を過ごしていく。一方、スカーが支配するサバンナは次第に荒れ果て、存続の危機が迫っていた。シンバの声を、グラミー賞を受賞したラッパーとしても活躍するドナルド・グローバーが担当し、ジンバの幼なじみナラ役をビヨンセが担当。2人が新たに歌唱に参加した、エルトン・ジョンによる「愛を感じて」ほか、「サークル・オブ・ライフ」「ハクナ・マタタ」など名曲の数々がスクリーンを彩る。

ライオン・キングに出演しているキャスト

ライオン・キングの出演キャストを下記にまとめました。

【キャスト】
シンバ(声)ドナルド・グローバー/ナラ(声)ビヨンセ・ノウルズ=カーター/プンバァ(声)セス・ローゲン/ティモン(声)ビリー・アイクナー/サラビ(声)アルフレ・ウッダード/スカー(声)キウェテル・イジョフォー/ムファサ(声)ジェームズ・アール・ジョーンズ/ラフィキ(声)ジョン・カニ/ザズー(声)ジョン・オリバー/シンバ(幼少期)(声)JD・マクラリー/ナラ(幼少期)(声)シャハディ・ライト・ジョセフ/サラフィナ(声)ペニー・ジョンソン・ジェラルド/カマリ(声)キーガン=マイケル・キー/アジジ(声)エリック・アンドレ/シェンジ(声)フローレンス・カスンバ

ライオン・キングを見た感想(ネタバレする場合あり)

女性の人物像

ディズニー映画「ライオン・キング」のアニメ版のストーリーを知った上で、映画館で鑑賞しました。まず、ライオンをはじめとする動物の映像がとてもリアルです。特に幼少期のシンバやナラの子ライオンは、毛のふわふわした感じが手に伝わってくるようでした。声もアニメ版と大きく違和感がある訳ではなく、自然とストーリーに集中できました。ストーリーも、アニメ版と大きく異なる点はありません。ただ映像がリアルな分、ハイエナに追い詰められたとき、スカーとシンバの戦うシーンなどの臨場感はかなりアップしています。最も印象的だったのは、ティモンとプンバァの歌う曲です。これは本作オリジナルなのですが、とても自然に溶け込んでいました。また、ティモン役のミキ・亜生さんの歌が上手くて驚きました。
【20代女性】

女性の人物像

まず映像がとても美しいです。大自然草原や、沢山の生き物達の細かい部分までもが描かれています。もともと舞台をみて大好きな作品でとても期待していた映画でした。音楽も映像も大満足の一作でした。ただ、日本語訳に違和感があるところがいくつかあり(口の動きに合わせているため仕方がない事なのですが。)個人的には少し残念でした。話の展開なども少し舞台とは異なっていた為新鮮な気持ちで見ることができました。序盤のサークルオブライフからずっと泣き通してしまいました。
【20代女性】

女性の人物像

実写版、ライオンキング。正直全然期待してませんでした。いつも映画を一緒に観る友達に誘われたので渋々でしたが、、めちゃくちゃ泣けました。原作のディズニーアニメの方が、元々大好きでDVDも持っているほどなのですが、むしろ、アニメよりも泣けました。実写版なので動物と、自分のペットがとても重なって、王様が死んでしまうところや、追放されるところは特に、涙が止まらず自分でもびっくりしました。観てよかった映画です!
【30代女性】

男性の人物像

ディズニーの長編アニメ作品『ライオン・キング』のCG版です。冒頭、見方によっては、生き物をCGで描くぎこちなさが残るかもしれません。しかし、物語の展開と共に、実写を観るような錯覚にとらわれてきます。特に主人公・シンバの表情は見逃せません。子ライオンらしい無邪気さやあどけなさから、青年ライオンらしい雄々しさに変わっていく様子。また、他の動物たちへ注ぐまなざしやしぐさにも、アニメとは違ったCGらしい細やかさが加わっています。アニメ版でもそうであったように、全編を通して動物どおしのつながりがていねいに描かれています。CGであるからこそ、なおさらその様子はリアルに伝わってきます。動物の世界を通して見た親子関係、社会とのつながりがよく描けている映画です。
【60代男性】

ライオン・キング Dailymotion・Pandora

ライオン・キング Dailymotion

映画やドラマは、Dailymotion(デイリーモーション)やPANDORA(パンドラ)、9tsu(ナインティーエスユー)といった海外の動画共有サービスにアップロードされている場合もあります。

しかし、こういった動画は

・違法動画をDLしたりすると罰せられる可能性がある
・広告収入で成り立っているので頻繁に出る広告がうざい
・無理やり録画などをしているので画質が悪い
・ウイルスなどが仕込まれている可能性が0ではない

と、安心して快適にライオン・キングを見れる状況ではないのでおすすめしません。

動画配信サービスの方が高画質の動画がCMなしで安全に視聴できるので、わざわざリスクを犯すのは賢い選択とは言えません。

まとめ

最後に、ライオン・キングの動画が配信されている動画配信サービスのおさらいです。
(動画配信サービス名をタップすると公式サイトに移動できます。)

動画サービス名 ライオン・キングの動画配信
U-next(ユーネクスト)
TSUTAYA DISCAS
mieru TV ×
auビデオパス ×
music.jp ×
ビデオマーケット ×
FODプレミアム ×
Hulu(フールー) ×

※掲載情報は2019年9月時点なので、現在の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

「ライオン・キング」を配信しているのは上記の表が「○」となっている動画配信サービスです。

いずれもお試し期間内であれば、お試し登録でもらえるポイントを使って無料で「ライオン・キング」の動画を視聴することができます。

 

タイトルとURLをコピーしました