検察側の罪人 動画フル 無料

検察側の罪人

TSUTAYA TVは30日間無料利用OK
検察側の罪人も視聴できます
↓↓↓

「検察側の罪人」はある殺人事件を巡る2人の検事を描いた映画です。主演はキムタク×二宮和也。

本記事では「検察側の罪人」の動画フルがU-NEXTや、フジテレビオンデマンド(FOD)、TSUTAYA TVといった動画配信サービスのうち、どこで観れるのかを紹介しています。

 

検察側の罪人が観れる動画配信サービス一覧

「検察側の罪人」を配信しているのは下の表で「○」となっている動画配信サービスです。(△は今後配信されると思われるVODです)

動画サービス名 検察側の罪人の動画配信
U-next(ユーネクスト) ×
TSUTAYA TV
mieru TV ×
auビデオパス ×
music.jp ×
ビデオマーケット ×
FODプレミアム ×
Hulu(フールー) ×

※掲載情報は2019年3月時点なので、現在の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

無料お試し期間が約1ヶ月間あるので(Huluは2週間)、30日間中に手に入るポイントで検察側の罪人の動画フルをみて退会すれば1円も支払うことなく視聴できます。

キャリア決済に対応していないサービスは基本的にクレジットカード登録必須なので持っていない場合は年会費無料の楽天カードなどを作っておくといいかと思います。
※30日間に退会すればカードに料金が請求されることはありません。

配信中の動画サービスの中でもおすすめなのは「TSUTAYA TV」です。

検察側の罪人の動画フル視聴はTSUTAYA DISCASがおすすめ

ツタヤディスカス
TSUTAYA DISCAS無料お試しはこちら

TSUTAYA DISCASの基本情報

サービス名 TSUTAYA TV
月額料金 933円
30日間 30日
もらえるポイント 1080pt(新作2本分)
配信作品数 10000本以上
キャリア決済
動画フルダウンロード ○(一部DL不可あり)
新作視聴
アダルト視聴

TSUTAYAの動画サービスには3種類のプランがあります。

TSUTAYA DISCAS

1番左の見放題動画&オンライン動画配信のサービスを無料利用できます。
(月額933円で動画見放題+ポイント視聴)

TSUTAYA TVは30日間無料お試し期間が用意されていて、期間中に1080ポイントの動画ポイントがもらえます。

このポイントで新作が2本観れるのでかなりお得です。

検察側の罪人の動画フルと別にもう1本新作映画の動画フルが見れちゃいます。

 

おすすめ動画配信サービス

国内の動画配信サービスの中でも、U-nextはサービスの充実度が高いのでおすすめです。

U-nextの特徴

U-next
U-next無料お試しはこちら

U-nextは月額1990円で1300ポイントがもらえます。

31日間無料トライアル利用が可能で、お試し申し込み時は新作映画1本分の540ポイントもらえます。

ドラマや映画、海外ドラマに韓流ドラマと動画フルの配信ジャンルが豊富で、さらに70誌以上の雑誌の最新号が読み放題と、全体的に充実したサービスが特徴です。

動画以外にもいろいろとコンテンツがあると嬉しいという場合は、かなりコスパの良い動画配信サービスです。

検察側の罪人の作品情報やあらすじ

検察側の罪人の作品情報やあらすじをまとめました。

あらすじは深く知らずに観た方が映画を楽しめると思うので、簡潔に書いています。

【作品情報】
監督:原田眞人
脚本:原田眞人
原作:雫井脩介

【あらすじ】
木村拓哉と二宮和也の初共演で、「犯人に告ぐ」などで知られる雫井脩介の同名ミステリー小説を映画化。「クライマーズ・ハイ」「わが母の記」「日本のいちばん長い日」「関ヶ原」など、話題作や名作を多数手がける原田眞人監督がメガホンをとり、ある殺人事件を巡る2人の検事の対立を描く。都内で発生した犯人不明の殺人事件を担当することになった、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、駆け出しの検事・沖野。やがて、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の容疑者だった松倉という男の存在が浮上し、最上は松倉を執拗に追い詰めていく。最上を師と仰ぐ沖野も取り調べに力を入れるが、松倉は否認を続け、手ごたえがない。沖野は次第に、最上が松倉を犯人に仕立て上げようとしているのではないかと、最上の方針に疑問を抱き始める。木村がエリート検事の最上、二宮が若手検事の沖野に扮する。

検察側の罪人に出演しているキャスト

検察側の罪人の出演キャストを下記にまとめました。

【キャスト】
(最上毅)木村拓哉/(沖野啓一郎)二宮和也/(橘沙穂)吉高由里子/(丹野和樹)平岳大/(弓岡嗣郎)大倉孝二/(小田島誠司)八嶋智人/(千鳥)音尾琢真/(前川直之)大場泰正/(青戸公成)谷田歩/(松倉重生)酒向芳/(高島進)矢島健一/(桜子)キムラ緑子/(運び屋の女)芦名星/(最上奈々子)山崎紘菜/(諏訪部利成)松重豊/(白川雄馬)山崎努

検察側の罪人を見た感想(ネタバレする場合あり)

「検察側の罪人」は「犯人に告ぐ」などで有名な雫井脩介のミステリー小説を映画化した作品です。

監督は「日本のいちばん長い日」の原田眞人。

木村拓哉演じるエリート検事と、二宮和也演じる若手検事が、時効を迎えた未解決事件の容疑者をめぐって対立していきます。

原作の小説を読み実写化に興味を持ったことがきっかけで、劇場に足を運びました。

また「硫黄島からの手紙」や連続テレビドラマで、俳優二宮和也にも以前から注目していたため、そちらにも期待。

映画「検察側の罪人」で最も印象に残ったのは、二宮演じる若手検事・沖野が容疑者を取り調べるシーンです。

芝居であることを忘れるかのような圧倒的な緊張感と迫力に、映画館の客席の空気が変わりました。

沖野は罵詈雑言の限りを尽くして、容疑者を精神的に追い詰めていきます。

しかしながら、その前後には「ベビーフェイス」と形容される若手らしい清廉で無邪気な表情も見せるので、そのギャップには思わず唸ってしまいました。

一方、取り調べを受ける容疑者役の酒向芳は独特かつ異様な存在感を放ちます。

「検察側の罪人」を観るまで知らなかった役者さん。

オーディションでは監督が一目見て即決したというほどのハマリ役だったそうです。

酒向の演技も必見です。

ストーリーは、木村拓哉演じるエリート検事・最上が選択する行動のいくつかに、若干納得できない部分があって気になりました。

しかし、木村はこれまでのイメージとは大きく異なるダークな役を緻密かつ繊細に演じていて、全体としては説得力のあるキャラを作り上げていたのはさすがでした。

ラストシーン。

互いに相容れないカタチの「正義」を持つ最上と沖野は再会し、沖野の悲痛な咆哮が響いて映画は終わります。

沖野の叫びが意味するものは何だったのか?という点についての解釈は、観た人によってだいぶ異なる模様。

スリリングでテンポの速いストーリー展開を楽しむとともに、結末の真意についてあれこれ自由に考えられるのも、この映画の魅力の一つです。

Dailymotion、9tsu、PANDORAは非推奨

違法動画

映画やドラマは、Dailymotion(デイリーモーション)やPANDORA(パンドラ)、9tsu(ナインティーエスユー)といった海外の動画共有サービスにアップロードされている場合もあります。

しかし、こういった動画は

・違法動画をDLしたりすると罰せられる可能性がある
・広告収入で成り立っているので頻繁に出る広告がうざい
・無理やり録画などをしているので画質が悪い
・ウイルスなどが仕込まれている可能性が0ではない

と、安心して快適に検察側の罪人を見れる状況ではないのでおすすめしません。

動画配信サービスの方が高画質の動画がCMなしで安全に視聴できるので、わざわざリスクを犯すのは賢い選択とは言えません。

検察側の罪人の動画が観れる配信サービス【おさらい】

検察側の罪人の動画が配信されている動画配信サービスは下記のとおり。
(動画配信サービス名をタップすると公式サイトに移動できます。)

動画サービス名 検察側の罪人の動画配信
U-next(ユーネクスト) ×
TSUTAYA TV
mieru TV ×
auビデオパス ×
music.jp ×
ビデオマーケット ×
FODプレミアム ×
Hulu(フールー) ×

※掲載情報は2019年3月時点なので、現在の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

「検察側の罪人」を配信しているのは上記の表が「○」となっている動画配信サービスです。

いずれもお試し期間内であれば無料で動画を視聴することができます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました